独り言

0

    JUGEMテーマ:ひとりごと

    今持っている現金。
    株で300万、預金で400万、保険会社に500万(これから個人年金として10年に50万/年が支払われる。その後別の年金もあるけどそれは今回の計算に入れない)。
    まあ大体1200万。早めに国民年金を支払うようにするなら、支払額が70%ぐらいに減額されますが、5年で400万ぐらいが追加されます。

    1600万で65才まで(あと10年)生きるとなると年間160万。
    ハッキリ言ってかなり足りない。






    今年、おおきな出費になりそうなもの

    0

      JUGEMテーマ:ひとりごと

      書いておけば実現する、とばかりに、ときどき欲しいものの一覧を書いていますが、新年を迎えるに当たって、欲しいものと言うよりも、今年来そうな出費を書いておきます。
      この出費分ぐらいは稼がなきゃ、やってられない。

      1,歯の治療代
      右下奥歯がもはや治療という段階ではなく、根っこからダメになっているので抜きましょう、と行きつけの歯医者さんに言われています。
      で、部分入れ歯(インプラントも使えない位置とのこと)。
      幾らぐらい掛かるのか。保険で賄えれば良いけど、自費治療となると結構な金額になりそう。

      2,メガネを新調したい
      ずっと近視に悩んできたけど、さすがにそろそろストップしてきたみたい。でもその変わりに老眼が着実に進行していて、とくに暗いところだと文字が読めないことがしばしば。
      遠近両用なのか、老眼鏡を作って掛けかえるのか。どちらにしても面倒くさそう。

      3,自宅風呂場
      一度、ネズミが出た時に業者さんが床下に潜ったことが有るのですが、その時にちょっと水回りの土台が腐ってきてますよ、と言われて居ます。
      で、最近お風呂に入っているとミシミシ音がするような気がして……。
      壊れてから直すと大変だし、いまのうちに思い切って直したほうが利口かなとおもうのですが、踏み切れません。
      これは幾らぐらい掛かるのだろう。






      我ながら嫌らしい話しをする

      0

        JUGEMテーマ:ひとりごと

        お金の話し。
        母の預貯金と保険がいくらあるのか。だいたい600万オーバーの預金と、保険金が300万。
        で、葬儀で下手をして180万ぐらい使ってしまった。
        香典が30万ぐらいなので、持ち出し150万。
        今後、四十九日でまた使うから200万までは使わないけど、近い線まで行きそう。

        そうなると、残りが700万の現金。
        これは、どう考えても兄弟のもとに行くべきお金だと思う。
        私は家一軒を貰うことになるのだから。





        けっこう効いています。

        0

          JUGEMテーマ:社会保険

          今日、年金の手続きに行ったとき「免除の手続きも一緒にしますか?」と言われたのが、思ったよりも心に引っかかっています。
          向こうは決めごととして誰にでも言っているのだろうけど(その証拠に印刷した手続きの内容のA5ぐらいの用紙をくれた)、こちらは「お前は本当にそのやり方でちゃんと稼げるのか?」と言われたような気がしました。






          先月の生活費

          0

            JUGEMテーマ:家計

            先月の生活費をまとめてみたら、14万前後使っていた。完全に使いすぎ。
            まあ、途中まで仕事に行っていたのと、帰省したのでお金が掛かったこともあるが、月間10万ぐらいでないと人生の途中(しかも、身体が言うことを効かなくなった頃に)尽きてしまう。
            もちろん、その対策としてアフィリエイトを始めたのだが、なんか結果が出そうな気がしない。
            まだまだ、努力が足りないということなのだろうが、気が滅入る。





            心がざわつき続けている

            0

              JUGEMテーマ:仕事のこと

              今日、やっと重大な決断をしてきました。
              まだ、手続き上の問題があるので、当分は仕事をしますが、もう踏み出しているので、昨日までと同じではありません。
              さっぱりとした気分と、何だか足元がグラついているような落ち着かない気分と、決して十全に満足できる仕事ではなかったものの長く続けてきたという自負と、生活のパターンが変わるという気持ちと……。

              前に仕事をやめたときには、そもそも勤めていた会社が潰れて、半分は辞めなければならなかったという側面もありますが、それでも会社の再建を目指して辞めずに働き続けていた同僚や先輩はいました(結局、今では会社は消滅しましたが)。

              それが思い出すと平成14年の7月のこと。
              しばらく失業保険を貰いながら、翌年の平成15年の5月に今の仕事をスタート。






              同じ思考のループにハマっている

              0

                JUGEMテーマ:仕事のこと

                今、思い出した。
                昨年の年末に「年末ちょうどで仕事をやめれば、12月に貰った給料で1月は暮らせる」。そんなことをずっと考えていた。
                1月末に12月に働いた分が支給されるので、2月はそれを使う。1月中に有給消化(確か14〜15日あった)をするので、その分は2月末に支給になって(ちょっと厳しいけど)3月はオーケー。
                3月末からは給料は出ないけど、給与口座に少しづつ貯まった分で4月、5月の2ヶ月ぐらいは大丈夫。
                つまり、一年の上半期ぐらいは暮らせる。その後は、この半年の間に如何に稼ぐ方法を見つけて、そのお金で暮らす、または給与口座とは別口の貯金をどのように食いつぶすのか。

                しかし、決断がつかないうちに状況が勝手に変わり、「これならまだまだ続けられるかも」と期待したが、やっぱり何もしないで状況が変わった場合は、一見良い方に変わったように思っても、結局は悪い方に変わっていたのが後で判るのだ。
                5月ぐらいからもっと状況が悪くなって、本当に仕事が嫌になっている。





                続きを読む >>

                1