グーグルサーチコンソールの使い方の1

0

    JUGEMテーマ:アクセス解析



    現在のサーチコンソールはトップページを開くと、サマリー画面が表示されます。
    今回はこの表示画面の簡単な見方から。



    検索パフォーマンス

    サマリーには
    1,検索パフォーマンス、2,対象範囲、3、拡張
    の順で並んでいます。この内、検索パフォーマンスの「レポートを開く」をクリックすると、より詳しい画面に移ります。





    検索パフォーマンス

    検索パフォーマンスの画面は上が折れ線グラフ、下がリスト形式になって表示されます。 折れ線グラフの方は、合計クリック数、合計表示回数の2つの項目が表示されています。



    このうち、合計クリック数とは、ユーザーがクリックをしてサイトにアクセスした回数を指します。カウント方法は検索結果の検索タイプによって異なります。 検索タイプとはウェブ、画像、動画の3タイプあり、いずれの方法でサイトにアクセスしたのかをカウントできます。



    合計表示回数とは、ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数です。この回数の計算方法は、検索結果をスクロールして表示したかどうかに応じて、画像やその他のタイプの検索結果とは異なる数値になります。



    そして、平均CTR平均掲載順位の2項目も並びますが、この2つは折れ線グラフには出てきません。
    それぞれの意味は、平均CTRがインプレッションのうち実際にクリックに繋がった割合、平均掲載順位が検索結果にサイトが表示された時に常にサイトの最上位の掲載順位を使って算出された、平均掲載順位になります。



    下の段のリストは、
    クエリ、ページ、国、デバイス、検索での見え方 
    の項目でそれぞれのリストを確認できます。



    クエリとは検索キーワードのことで、どういったキーワードで訪問しているのかがわかります。



    ページは、サイト内のどのページを訪れているのかをリスト化しています。



    国、デバイスはそのままの意味です。検索での見え方は検索結果で自分のサイトがどのように表示されているのかを確認出来る機能です。訪問者は検索結果に表示されるページのタイトル、説明文でそのサイトを訪問するか否かを決定しているので、できるだけ引きが良いタイトル、説明文をつけたいところです。




    関連する記事
      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM